入れ歯で笑うために

「入れ歯は痛いもの」「多少の不具合はガマンするもの」と思ってはいませんか? その認識は間違っているといえます。痛い、ずれやすい、外れやすい、噛みにくいなどの不具合には、お口に合わないなどの原因があるのです。

お口の状態に合わせてきちっとつくられた入れ歯は、それほど不具合が生じることはありません。今お使いの入れ歯に不満がある方はもちろん、これからつくろうとされている方も、一度当院にご相談ください。入れ歯で心おきなく笑ったり、会話したり、食事するために、一人ひとりのお口に合った入れ歯をつくりましょう。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • インプラントのような手術が不要
  • 治療費がインプラントと比べ安価
  • 治療期間が短い
  • 自費診療であれば、素材や様式を選ぶことができ、見た目や噛み心地にも優れた入れ歯をつくることができる
  • 見た目や使い心地を追求する場合には自費診療になり、費用が高くなる
  • インプラントなどと比較すると、食べ物が噛みにくかったりしゃべりづらかったりする
  • メインテナンスが必要

近年ではインプラント治療が人気ですが、入れ歯にもいいところがあります。当院では患者さまのご希望をしっかり伺い、適した入れ歯をご提案します。どうぞお気軽にご相談ください。

自費と保険の入れ歯の違い

入れ歯には、保険適用のものと自費診療になるものがあります。その2つを比較してみましょう。

  自費の入れ歯 保険の入れ歯
見た目 自費の入れ歯 保険の入れ歯
素材 金属や生体シリコンなど、さまざまな素材が選択できる 床はレジン(歯科用プラスチック)のみ
様式 バネのない部分入れ歯など、選択肢が豊富 保険適用内のものにかぎられている
使い心地 床が薄くつくれたり、熱伝導率の高い素材を選べたりすることで、装着感や食事の満足感も高くなる 床に厚みがあったり、素材が選べなかったりすることで、装着感や食事の満足感は比較的劣る
審美性 バネのない部分入れ歯など、自然な見た目を追求できる 見た目の美しさを求めることはできない
費用 自費診療となり比較的高額になる 保険が適用でき、比較的おさえられる
製作期間 比較的長くかかる 1ヶ月程度でつくれる
修理 比較的難しい 簡単

取り扱い入れ歯紹介

レジン床義歯
床部分がレジンでつくられた保険適用の入れ歯。「費用がおさえられる」「製作期間が短い」「修理が簡単」といったメリットがありますが、素材や様式がかぎられており、見た目や使い心地を追求することはできません。
金属床義歯
床部分が金属でつくられた入れ歯。床を薄くできるため装着感に優れ、また熱伝導率が高いため、食事をおいしくとることができます。また、金属のため丈夫です。
ノンクラスプデンチャー
従来の金属のバネ(クラスプ)がない部分入れ歯。バネがなく、自然なピンク色の歯ぐきで目立ちにくく、さらにフィット感にも優れています。
コーヌスクローネデンチャー
入れ歯の内側に外冠、歯根側に内冠を取りつけ、茶筒のふたのようなしくみで固定させる入れ歯。しっかり固定されるため、入れ歯のずれやもたつきを解消し、噛み心地をよくします。
インプラントオーバーデンチャー
少ない本数のインプラント(人工歯根)を埋め込み、それにアタッチメントを取りつけて固定する総入れ歯。入れ歯のずれやもたつきを解消でき、しっかりと噛めるようになります。また、取り外しが可能なため、メインテナンスがしやすいのもメリットです。
インプラント支持型部分義歯
インプラントによって固定する入れ歯は総入れ歯がポピュラーですが、部分入れ歯でも同じことが可能です。前歯から数えて4~7番の欠損などの場合には、6番にインプラントを埋入することで入れ歯を装着できるのです。ブリッジやバネを使った部分入れ歯と違って、周りの健康な歯を傷めることがないのがメリットです。

症例紹介

※画像はクリックすると拡大表示されます。

症例1

術前

術後

ノンクラスプデンチャーの症例です。金具フリーのため審美的だと喜ばれているものです。

ページトップ