歯が欠けてしまった部分をキレイに治すには

歯が欠けたり、詰め物・被せ物が取れたりしたときの治療としては、従来銀色の詰め物や被せ物をするのが当たり前とされてきました。しかし、それでは歯列の中で銀色が目立ってしまいます。そこでおすすめなのが、機能性をふまえたうえで見た目をキレイに回復させることができる審美治療です。

審美治療では、歯の色に合わせて調節できるセラミックを用いた詰め物・被せ物によって、虫歯治療の痕がわからないようにすることが可能です。もう銀歯で悩む必要はありません。あなたも審美歯科で、美しい口元を取り戻しましょう。

審美歯科のこだわり-美しさを長く保つために-

当院では審美歯科におけるすべての治療において、次のことこだわっています。

  • conceptualization概念化 ―― コンセプトをしっかり持つこと
  • predictability予知性 ―― 将来的な予測をふまえること
  • longevity永続性 ―― 長期的によい状態を維持すること
  • cleansability清掃性 ―― 清潔にしやすい口腔内環境を整えること

広い視野を持ち、患者さまのお悩みに寄り添った審美治療のご提供に努めます。

詰め物

虫歯の部分を削った際に詰める、白いセラミックを用いた詰め物です。保険診療の銀色の詰め物と違い、治療痕がわからなくなります。

治療前 治療後
治療前 治療後
被せ物

虫歯治療で大きく歯を削った場合に被せる、白いセラミックを用いた被せ物です。セラミックは周りの歯の白さに調節することができるため、違和感のない美しい口元に仕上がります。

治療前 治療後

【メタルフリーへの取り組み】

従来保険による虫歯治療では、ほとんどの場合に金属が使われてきました。現在、その金属がお口の中で溶け出し、金属アレルギーの原因になることがわかり、問題視されています。そこで、歯科治療に金属を用いないメタルフリー治療が注目を集めています。

メタルフリー治療は自費診療になるため比較的費用が高くなりますが、金属アレルギーの心配を回避できるほかにも、金属の影響によって歯ぐきに変色を引き起こすことがありません。

当院では患者さまの健康を考え、メタルフリー治療に取り組んでいます。興味のある方は、お気軽にご相談ください。

ページトップ