歯が痛い……虫歯の原因は

歯が「痛い」「しみる」という症状で気づく虫歯。その原因は、プラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌です。虫歯菌は、食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、歯を徐々に溶かしていきます。この現象が「虫歯」です。

歯を守るためには、「だらだら食べをやめ、食事の時間を決める」「食後にきちんとブラッシングする」などによって、プラークコントロールを行うことが必要です。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 状態 症状 治療法
C0
ごく初期の虫歯
C0 ごく初期の虫歯 歯の表面のエナメル質が溶け始めた状態。白濁した部分が見られますが、まだ痛みはありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治癒が見込めるケースもあります。
C1
エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯 エナメル質の溶解が進み、黒ずみが現れた状態。冷たい物や甘い物がしみます。 虫歯の部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めます。
C2
象牙質の虫歯
C2 象牙質の虫歯 エナメル質の内側の象牙質に進行した状態。冷たい物・甘い物に加え、熱い物もしみることがあります。 虫歯の部分を削り、詰め物をします。
C3
神経に及んだ虫歯
C3 神経に及んだ虫歯 歯の奥の神経にまで進行した状態。何もしていなくても激しい痛みがあります。 神経を取り除いて消毒し、薬剤を詰める根管治療を行います。
C4
歯根に及んだ虫歯
C4 歯根に及んだ虫歯 歯冠部分がほとんどなくなり、歯根まで及んだ虫歯。神経が死に一旦痛みがなくなりますが、しばらくすると再び激しい痛みが現れます。 ここまでくると多くの場合抜歯が必要になります。抜歯後は入れ歯インプラントなどで歯の機能を回復させます。
当院では低侵襲治療にこだわります

虫歯はどんどん削り取ってしまったほうがいい、と思われている方は多いもの。しかし実は、歯とは一旦削ってしまうと元に戻ることはなく、さらに再発リスクも増してしまいます。つまり、「できるだけ削らないこと」がとても重要なのです。

当院では患者さまの歯の将来的な健康を考え、できるだけ歯を削らない「低侵襲治療」にこだわっています。どうしても削る場合にも最小限におさえ、治療や費用のご負担も軽減できるよう努めます。

虫歯治療後もキレイな見た目に

虫歯治療で歯を削った際、かつては銀色の詰め物や被せ物で補うのが当たり前でした。しかし、歯列の中で目立ってしまう“銀歯”に悩む方も少なくありませんでした。

当院では保険診療で虫歯治療を行う際には白い素材「レジン」を用い、さらに丁寧にセットすることでキレイな見た目になるよう努めています。また、より長期間にわたって美しい見た目を維持したい方には、保険適用外になりますが、審美素材「セラミック」をおすすめしています。患者さまの治療後の心の負担も考えた虫歯治療のご提供に努めていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

ページトップ