人に気づかれずに矯正治療を受けたい方へ

「歯並びは気になるけど、あの目立つ装置はちょっと……」という方は多いもの。当院ではそういった方に、目立ちにくい矯正治療をご提案しています。目立つ装置が気になるあまり、歯並びの乱れをガマンして暮らし続けるのはもったいないこと。こちらでは目立ちにくい矯正治療をご紹介しますので、気になるものがある場合にはお気軽にお問い合わせください。

なお、こちらでご紹介する矯正治療は、「目立たない」ことを最優先しているため、抜歯が必要となるケースが少なくありません。「歯を抜くのはイヤだ」という方には、非抜歯の矯正治療もあります。くわしくは、非抜歯による矯正をご覧ください。

インビザラインとは

インビザラインとは、透明のマウスピースタイプの矯正装置のこと。透明なため目立たず、治療をしていることが気づかれにくいのが特徴です。マウスピースは患者さま一人ひとりに合わせてつくられ、歯の動きに合わせて2週間ごとに取り替えていきます。取り外せるためお手入れも簡単で、全世界で170万人以上の治療実績を持つインビザラインは、大変ポピュラーな装置とされています。

インビザラインのメリット
装着していても
目立たない
食事が
しやすい
透明なため、装着していても目立ちません。 取り外しできるため、食事の際にもまったく問題ありません。
お口のケアが
しやすい
固定式と比べて
不快感を軽減
ブラッシングの際にも取り外せるため掃除がしやすく、お口の健康を維持することができます。 固定式装置ほど強い力をかけられることがなく、装着の不快感は比較的軽減されます。
インビザラインはこんな方におすすめ
  • 目立つ装置をつけずに矯正治療を受けたい方
  • 来院回数を減らしたい方
  • 金属アレルギーの心配がある方
  • 食事を自然に楽しみたい方
  • 人前に出る仕事をされている方  など
インビザラインの実績

invisalign

インビザラインは、世界45ヶ国以上の国々において約7万人の歯科医師に選ばれ、のべ173万人以上の治療に使用されている、大変人気のある矯正装置です(2011年12月末現在)。適応範囲の広さと有効性を認める臨床研究機関の数も多く、インビザラインに関する論文もたくさん発表されています。人気と実績を兼ねそなえるインビザラインは、「美しく矯正治療を受けたい」という方の、強い味方なのです。

裏側に装置をつけて、目立ちにくい矯正を!-裏側矯正-

歯の表側に取りつける装置が目立つのが気になる方には、歯の裏側に装置を取りつける方法をおすすめします。これは裏側矯正またはリンガルブラケットと呼ばれており、外側から装置が見えないため、治療をしていることが気づかれにくくなります。

裏側矯正はこんな方におすすめ
  • 目立つ装置が気になって、矯正治療をあきらめている方
  • 人前に出る仕事をしているため、装置がつけられない
  • 結婚式や成人式など、大切なイベントを控えられている方
  • 吹奏楽器などを演奏されていて、歯の表面に装置をつけると演奏が難しくなるという方
  • 出っ歯で悩んでいるが、表側矯正ではより出っ張りが目立ってしまうという方  など

当院では裏側矯正による治療を、外部から矯正専門医である岩本医師を招いて行っています。専門医による高度な裏側矯正治療は、当院におまかせください。

フルリンガルとハーフリンガル

裏側矯正には、フルリンガルとハーフリンガルという2つのパターンがあります。患者さまのご希望とお口の状態をふまえて、適したほうを選択していきましょう。

フルリンガル 上下の歯列両方の裏側に装置を取りつけて行う治療。装置が表から見えない点がメリットですが、装置がすべて舌側にあるため、比較的慣れるのに時間がかかります。
ハーフリンガル 上の歯列のみ裏側に、下の歯列は表側に装置を取りつけて行う治療。下の装置は表側にあるため見えやすくなりますが、舌の置き場が広くなり、比較的慣れるのに時間がかかりません。笑ったときに目立つのは上の歯列なので、表側矯正と比較すると、ハーフリンガルでもずいぶん目立ちにくくなります。

装置を選ぶポイント

矯正装置の種類にはさまざまなものがありますが、一人ひとりの歯並びの状態や生活習慣などによっては、向き・不向きがあるといえます。たとえば、当院ではよくしゃべる方には裏側矯正はあまりおすすめしていません。

どんな矯正治療を選択するのかは、診察してみないと決められないもの。当院では患者さまのご希望をしっかり伺い、適した治療をご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

ページトップ