歯周病は国民病?歯を失わないために

お口の病気といえば、虫歯がもっとも身近なものだと思われがちですが、実はそれに並ぶほどメジャーな病気が「歯周病」です。30歳以上の日本人の約80%が歯周病にかかっているといわれており、もはや国民病といっても過言ではありません。

歯周病は、歯周病菌によって歯ぐきに炎症が起き、歯を支える顎の骨が徐々に溶かされていく病気であり、放っておくと最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうこともあります。また、歯周病は「歯」だけの問題ではなく、心臓病や肺炎、糖尿病などの全身疾患との関係も問題視されています。

虫歯で歯を失わないよう注意するのと同じくらい、歯周病から歯周組織を守るのは大切なこと。「歯ぐきが赤く腫れている」「ブラッシング時に歯ぐきから血が出る」といった症状は歯周病のサイン。歯周病かも?と思ったら、お気軽にご相談ください。

お口のケアの重要性

お口のケアの基本は、毎日のご自宅でのブラッシングですが、それだけではお口の汚れをすべて落とし切ることはできません。当院ではセルフケアと合わせて、医院でのブラッシング指導やスケーリング・ルートプレーニングを行っています。

ブラッシング指導
毎日のケアとしてとても重要なブラッシングは、正しく行えてこそ意味があります。そこで、一人ひとりのお口の状態に合った歯ブラシの選び方やあて方などを丁寧に指導していきます。
スケーリング・ルートプレーニング
スケーラーという器具を使い、ご自宅でのブラシングでは落とし切れなかった歯と歯の間、歯と歯ぐきの間にこびりついたプラーク(歯垢)や歯石を取り除く処置。最後に表面をなめらかにみがき上げ、汚れの再付着を予防します。

【奥歯は大切な歯です】

一見頑丈そうに思える奥歯。実は、意外と寿命が短い歯だということをご存じですか?

奥歯は、物を噛むときにとても重要な役割を担っています。何かを噛むときに奥歯にかかる力は、なんと自分の体重とほぼ同じ。それだけの力で、物を噛んでいるのです。

そのため、奥歯を1本失うと噛む力がかなり減ってしまい、それによって食べ物の消化や吸収も悪くなってしまいます。ほかにも、脳への刺激が少なくなり認知症発症のリスクを招くともいわれているほど、奥歯を失うデメリットは大きいのです。

大切な奥歯を早期に失わないために、お口のケアはしっかり行いましょう。

歯ブラシ以外のケアについて

当院ではご自宅でのお口のケアにあたり、歯ブラシ以外に歯間ブラシやデンタルフロスの併用をおすすめしています。歯ブラシだけでは取り除けない汚れを、できるだけ自分で落とせるようにしていきましょう。

デンタルフロスについて

歯と歯の間の汚れを取り除くには、歯ブラシだけでなくデンタルフロスを使うのがおすすめです。

【デンタルフロスの種類】

糸巻きタイプ ホルダーつきタイプ
糸巻きタイプ ホルダーつきタイプ

デンタルフロス使用のポイント

  • デンタルフロスには、糸巻きタイプとホルダーつきタイプがあります。ご自身に適しているタイプ、使い方などについては、初めに歯科医院で指導を受けましょう。
  • 鏡を見て歯間をしっかり確認しながら、歯ぐきを傷つけないように注意して使用しましょう。
  • 最後には口をすすぎ、汚れを洗い流しましょう。
  • 糸が引っかかる、ほつれるといったことがあれば、虫歯がある可能性があります。できるだけ早く歯科医院で診察を受けましょう。
歯間ブラシについて

歯と歯の隙間が広い場合には、歯間ブラシがおすすめです。

【歯間ブラシの種類】

I字型タイプ L字型タイプ
I字型タイプ L字型タイプ

歯間ブラシ使用のポイント

  • 歯間ブラシには、I字型タイプとL字型タイプがあります。ご自身に適しているタイプ、使い方などについては、初めに歯科医院で指導を受けましょう。
  • 歯間ブラシにはサイズが複数あり、自分に適したサイズを使うことが大切です。無理なく入るものを選び、わからない場合には歯科医院で確認しましょう。
  • L字型タイプは、奥歯の歯間清掃に適しています。内側・外側の両方から使いましょう。
  • 鏡を見て歯間をしっかり確認しながら、歯ぐきを傷つけないように注意して使用しましょう。
  • 最後には口をすすぎ、汚れを洗い流しましょう。

ページトップ